医療保険には、様々な特約といったオプションの保険があってそういった保険はふくざつでわかりにくいところがあるのです。
その複雑のいろんな医療保険の特約を説明したいと思います。

三大疾病一時金特約といったものがありますが、この特約の概要を説明したいと思います。
まず概要として、この三大疾病一時金というのは、がん心筋梗塞脳卒中という、日本人の死亡率の高いものに特化して上乗せする保障なのです。
概要として、こういった三大疾病は大きな費用がかかることも多いので、一時金を支給することによってそれに備えるという考え方なのです。
この特約の特徴は何かというと、2年に一回が限度であるのですが、何度でもこの一時金というのが出るのです。
よく三大疾病というものですと、三大疾病のどれかになったらもうその保険は終わりというのが多いのですが、この保険にはそういったことはないのです。
いつでも、そういった三大疾病になったときに保障しますよという保険なのです。

また医療保険の特約として、先進医療特約というのがあります。
この先進医療保険の概要を説明すると、現在健康保険適用対象外の高度な先進医療に関して、実費を保障しますという保険なのです。
各社によって、この先進医療というのは細かな違いがあるのですが、概要だけをお話するとこの医療保険には短期払いが出来るものもあるのです。
短期払いというのは何かというと、例えば60歳までに払込というのを設定して、保障は「一生涯」という払込だけを短くという仕組みです。
基本的には先進医療部分に関しては短期払いができないのですが、そういったことも出来る会社もあるのです。
また、他の保険会社の概要をお話すると、先進医療付きの医療保険で交通費も出してくれる保険会社もあります。
どういうことかというと、先進医療は特定の病院でしかできないので、どこの病院でもできるというわけでもないのです。
そういう場合、その遠方の際の交通費を出すという保険会社もあるのです。