医療保険に加入して、もしあなたが入院してしまったら、その後にはせっかく加入したので、医療保険の手続きをする必要がございます。
もし入院したあとにバタバタしなくて、住むようにその医療保険の手続きの仕方についてお話をしたいと思います。

まず、基本的に医療保険の手続き歯医者の診断書が必要になるのです。
その医者の診断書は請求する方が自己負担になることが多いので、その点注意も必要です。
また医療保険の手続きをするために、その診断書を医者から受け取る必要があるのですが、その診断書は基本的に原本が必要になります。
まれに医療保険の手続きの際に、その診断書ではなく、診断書のコピーでも良い会社があるので、その点は実際に請求する際に、もしくは実際に請求する前に確認することは必要かと思います。

また、医療保険の手続きとして、診断書というのが基本的に必要とお話ししましたが、会社によっては診断書が不要である場合もあるので、その点も確認が必要になるかと思います。
どういう時に不要になるかというと、まずそれほど日数を入院しなかったときには、診断書がふうようでも良いという保険会社があるので、~日の入院なのですが、診断書は必要ですか?と保険会社に確認するとよいでしょう。

また、主日をしなかった際には、診断書が不要という保険会社も時にはあるので、その点も保険会社に個別に確認をしたほうがよいかと思います。
なので、診断書一枚といっても医者に書いてもらうとなると結構な費用になってバカにならないので、そのへんは極力診断書を用意しないで済むようにしたいものです。
これには、実際契約する際にその保険担当者に確認をしておくか、なにか医療保険自体を検討しているときに、実際に請求するときにはどういった書類が必要になるのですか?と確認をしておくことが必要になるかと思います。
その確認をしておくことによって、もし実際に入院したときに医療保険が役に立つものになると思うのです。