保険に全く加入していないので、医療保険くらいには加入しようと思っているのだけれど、どういった医療保険に加入したらよいかわからなくなっている所があるのです。
実際にいままでに入院したこととかないし、実際に入院したらどれくらいお金がかかるのか?という所が難しくてよく分からないなと思っている所があるのです。

そういった人も今とても多いと思うので、そういった人のためにどういった医療保険に入ったらよいのかという、その入門の話をしたいと思います。
医療保険選びとして、大事なことの入門をお話ししたいと思っているのです。

では、まず医療保険の入門として、考える時にどんな病気で入院をしたら、費用が大きくかかってくると思うのでしょうか。
いろいろな病気が世の中にはあって、その事例をそれぞれ上げてもきりがないのですが、がんの費用が心配とお話する方も非常に多いのです。
なので、医療保険の入門として、ガンになった時の保証をどれほど考えておくか?ということも大事にしておくことがあるかと思います。
なので、医療保険の入門として、この医療とがんの保障をあわせて考えたいと思います。
もちろん、がんで入院してしまったときに、医療保険からの保障が全く出ないか?というとそういった訳ではありません。
もちろん、医療保険から保障というのは出てきます。

ただ、医療保険の保障では、がんの費用をまかなえないことが多いので、別途がん保険を考える必要があるのです。
これは医療保険の入門として、大事なテーマです。
どう大事かというと、がんというのは通院の治療がメインになってくるので、そういった意味でまかなえないことが非常に多くなってしまいます。
医療保険というのは、通院の保障をつけることも出来ますが、メインとしては入院したら、いくらという保険なので、がんの通院の費用についてまかなえないことが非常に多くなってしまっているのです。
なので、その点をしっかり考えて、医療保険をどういったものに入るか、がん保険をどうするか?というバランスを考える必要があるのです。