医療保険というのは、いろいろな特約といっていろいろなオプションが付けられたりするのである。
その色々なオプションはなかなかどういった仕組みのものか分からないのであったりすのであるので、どういったものかそれぞれ説明する。

まず、医療保険には「無事故割引」といったものがある医療保険というのがある。
このオプションの利点はどういったものかというと「入院しないとすこしずつ割引になりますよ」というものなのである。
なので非常に良い利点であるが、本来病気で入院してしまったときに割引にならなくなるから、医療保険を使わないというややこしいことになることもあるのである。
良い利点はあるのだけれど、自動車保険のような(等級のような)ややこしい仕組みがあるのである。

また医療保険には、死亡保険担保というオプションを付けることが出来る。
この利点は何かというと、医療保険の保障だけでなく漫画一あった際の脂肪の保障もしっかり保障してくれるのである。
また、この死亡保障の利点は貯蓄性もある所がオススメなのである。
この貯蓄性の利点はもし、介護状態にご自身がなってしまったときに解約して、介護施設のお金に使ったりとそういうことも出来る保険なのである。

また、医療保険には7台生活習慣病特則というものも付けることが出来るのである。
これは7台生活習慣病にかかってしまった場合に利点があるオプションなのである。
どういったことかというと、もしそういった七大生活習慣病になってしまったときには、そういった病気というのは長期化しやすい傾向があるため、普通の入院期間より60日間延長して、保障してくれるのである。
なので、もし七大生活習慣病とかそういった病気もより心配であるならば、そういった保障もつけておくとより安心できるのではないだろうか。
特に、七大生活習慣病の中で脳系の病気などは100日前後入院することも多いので、その点はそういったオプションにかかわらず保障しておくことが大事なのである。