手を使って何かを触れば指紋がつきます。ピカピカにしてあるものでも、指紋がついたりすれば一気に見た目も汚くなってしまいます。また、きれいに手を洗っていたとしてもそれなりに垢がついています。これも触ったものにつくことになります。ずっと同じ所を持っていると黒ずんでしまうことがありますが、よくあることでしょう。本を購入して、読んだらすぐに古本として買取ってもらおうと思うことがあります。この時、できるだけきれいに読むようにしましょう。まずは見た目としては表紙があります。表紙が汚ければ印象は悪いです。書店によってはブックカバーをつけてくれます。また、つけてくれない場合は自分でブックカバーをつけて読んでも良いでしょう。そうすれば表紙は汚れずに済みます。もっと気を使うなら手袋などをして読みます。手垢が付きません。

古本の買取では帯をとっておくほうが良いか

書店に行くと、その本の紹介を書店の人がしていることがあります。していると言っても紙に書いてです。積んである本の前に、泣けるから読んでください、勉強になるから読んでください等と書かれています。その他の本を選ぶよりそちらを選んでしまうこともあると思います。書店においては、それを販売戦略にしていることもあります。小説などでよく見かけるのが帯になります。比較的新しいときにつけられるもので、有名人が実際に読んでどう思ったかなどが書かれていることがあります。古本として買取ってもらう時、この帯はどれくらい影響するのでしょうか。一般的なものに関しては特にあるかないかで差はないようです。帯に内容が書かれているわけではないからでしょう。帯のコメントが話題になったようなものになると、多少価値をつけてくれることもあるようです。

地域限定本は古本の買取で高値が期待できる

あるお菓子において、地域限定ものが人気とのことです。全国的には普通のチョコレートが使われているのですが、地域によって地域の名産を使ったチョコレートになっているのです。その地域でしか売られていないことから、おみやげとして売られています。少々割高でも買ってしまうのです。その地域でしか売られていないものは価値がアップします。本の中にも地域限定のものがあります。その地域を紹介する本などでは地元でしか売られていないことがあります。他の地域の人でもそちらに観光に行こうとするとき、それを読みたいと思うことがあります。古本として買取りしてもらう時、通常よりも高く値段をつけてもらえることがあります。通常より高くなるだけでなく、売価よりも高くなるケースもあるようです。お店によって0円評価もあれば、高額評価も出てくることがあります。